プロフィール

西井 葉子(ピアニスト)

Photo: Mitsuhisa Mitsuya Hair&Make-up: Yoko Okamoto

 三重県伊勢市出身。4歳よりピアノを始める。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業後、クロアチアのイーノ・ミルコヴィッチ音楽アカデミーピアノ科に特別全額奨学生として入学し、通常4年間の学士課程を異例の2年間で卒業。2001年同音楽アカデミー大学院修士課程修了。修士課程在籍中、ピエール=イヴ・アルトー氏によるフルート・マスタークラスに於いて、度々伴奏者を務めた。2001年9月より2年間、同音楽アカデミーピアノ科にて、エフゲニー・ザラフィアンツ教授の助手を務め、指導にあたる。2005~2007年文化庁新進芸術家海外留学研修員として、クロアチア国立ザグレブ音楽アカデミー大学院研究科に留学。これまでに、富尾光子、兼重直文、小川京子、小林仁、エフゲニー・ザラフィアンツの各氏に師事。国際コンクール受賞歴多数。2014年~2019年愛知県立芸術大学非常勤講師。

 日本とクロアチアを拠点に、イタリア、ハンガリー、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナなど、国内外で多数のソロリサイタル開催のほか、室内楽・伴奏の演奏活動も活発に行う。クロアチアでは、これまでに、24都市にて約50回のソロリサイタルを行っている。ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団、キューバ国立交響楽団と共演。2018年12月には、ザグレブのクロアチア国営テレビ(HRT)のスタジオにて、在クロアチア日本大使館とHRTの共催、クロアチア大統領府の協力の下、日本・クロアチア外交関係樹立25周年記念ソロコンサートに出演、その模様は、HRTにて65分間生放送された。日本では、電気文化会館(名古屋)、トッパンホール(東京)、浜離宮朝日ホール(東京)、三重県文化会館大ホール、iichiko音の泉ホール(大分)などでのリサイタルのほか、各地でソロ・室内楽・伴奏の演奏活動を行っている。

 クロアチア及び旧ユーゴスラヴィア諸国の作曲家の研究・普及にも力を注いでおり、2015年2月クロアチアの女流作曲家ドラ・ペヤチェヴィッチ(1885-1923)のピアノソロ作品全曲を収めた世界初となるCDドラ・ペヤチェヴィッチ:ピアノ作品全集』(2枚組)をリリースしている。2020年7月CD『西井葉子 プレイズ セルゲイ・ラフマニノフ』をリリース。いずれも、『レコード芸術』誌にて準特選盤に選出されている。

************************************************

【最近の主な活動】

2012年 7月&10月伊勢からの文化発信プロジェクトとして、ドラ・ペヤチェヴィッチのピアノ作品全曲演奏会(全2回)を企画・開催。12月東京にてソロリサイタル。

2013年 6月一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)主催公開録音コンサート『クロアチア音楽探訪』(リヴァディッチ・ベルサ・スラヴェンスキ・ペヤチェヴィッチ)。7月ヴィンコヴチ (クロアチア)にて日本・クロアチア外交関係樹立20周年記念ソロリサイタル、リエカ (クロアチア)で催された第1回ディノ・チアーニ国際ピアノマスタークラス&フェスティヴァルにてソロリサイタル、また、ローマ(イタリア)夏期音楽祭にて野外ソロコンサートを2ヶ所で開催。10月ピティナ主催公開録音コンサート『世紀の変わり目に咲いた花~ドラ・ペヤチェヴィッチのピアノ作品~没後90年に寄せて』

2014年 5月東京にてゴラン・コンチャル氏 (Vn) とデュオ・コンサート。7月ヴィンコヴチ(クロアチア)のほか、ドラ・ペヤチェヴィッチの故郷ナシツェ(クロアチア)にあるペヤチェヴィッチ伯爵邸内のドラ記念室にて、彼女が所有していたピアノ(ブリュートナー)で、 オール・ペヤチェヴィッチ・プログラムによるソロリサイタルを開催。またポレチュ音楽祭にも招かれ、世界文化遺産エウフラシウス聖堂にてソロリサイタル開催。

2015年 2月ドラ・ペヤチェヴィッチ生誕130年記念CDドラ・ペヤチェヴィッチ:ピアノ作品全集』をハーブ・クラシックス・レーベルよりリリース(『レコード芸術』2015年4月号準特選盤)。3月タカギクラヴィア松濤サロン(東京)にてCD発売記念コンサート。5月伊勢神宮内宮参集殿能舞台にてピアノ演奏奉納。9月在クロアチア日本大使公邸でのソロコンサートを皮切りに、クロアチア10都市11ヵ所(ヴコヴァル、ヴィンコヴチ、オシエク、ナシツェ、ルドブレグ、ヴァラジュディン、シーニュ、スプリット、メトコヴィッチ、ザグレブ)にてドラ・ペヤチェヴィッチ生誕130年記念ソロコンサートツアーを行う。大分県立美術館開館記念Vo.2『神々の黄昏』展を記念し、11月冨士屋一也百ホール(別府)にて『ウィーン-クロアチア世紀末ピアノコンサート』、12月iichiko音の泉ホール(大分)にて『ウィーンとクロアチアの世紀末結ぶ』と題したソロリサイタルを行う。

2016年 3月ヴァラジュディン(クロアチア)で開催された第2回Jurica Murai記念国際ピアノコンクールの審査員として招かれたほか、在クロアチア日本大使館主催『日本文化週間』イベントの一環として、ウェスティン・ホテル・ザグレブにて、クロアチア盲導犬協会支援のためのチャリティーコンサート(クロアチア大統領後援)を開催。6月駐日クロアチア大使館にて、クロアチア国家の日と独立25周年を祝うレセプションで、クロアチアと日本両国の国歌を演奏。9月クロアチア(ロヴィーニ、シサク、ヴィンコヴチ、ツァヴタット、ルドブレグ、ザプレシチ)、モンテネグロ、ハンガリーの8ヶ所にてコンサートツアーを行う。ブダペストでのコンサートは、ハンガリー音楽史博物館にて、ハンガリーのクロアチア大使館と日本大使館との共催行事として開催され、バルトークが所有していたベーゼンドルファー・インペリアルを演奏。

2017年 1月駐日クロアチア大使館(東京)にてクロアチア独立(国際的承認)25周年記念ソロコンサート9月在クロアチア日本大使館主催によるザグレブのミマラ博物館とスプリット芸術アカデミーでの日本・クロアチア友好ソロコンサートをはじめ、ドブロヴニクほか、クロアチア6ヵ所にてソロコンサートツアーを行う。

2018年 3月クレシミル・マルミリッチ氏 (Vn) とともに、CD『フラニョ・クレジュマ:夢-ヴァイオリンとピアノのための小品集』をNOTA BENE Recordsより出版、クロアチア6都市9ヵ所(ザグレブ、ヴコヴァル、ヴィンコヴチ、ヴァルポヴォ、ルドブレグ、パジン)にてデュオコンサートツアーを行う。ザグレブでのコンサートの一つは、在クロアチア日本大使館主催『日本文化週間』イベントの一環として、ウェスティン・ホテル・ザグレブにて、クロアチア盲導犬協会支援のための日本・クロアチア友好チャリティーコンサートとして開催された。9月シーニュ(クロアチア)にてフランシスコ修道会古典高校創立180周年記念&クロアチア・日本外交関係樹立25周年記念ソロコンサート、モスタル(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)にて日本・モスタル友好コンサートを行う。モスタルでのコンサートでは、主催団体の一つであるクロアチア科学芸術アカデミー(モスタル支部)より感謝状を授与された。12月ザグレブ(クロアチア)のクロアチア国営テレビ(HRT)のスタジオにて、在クロアチア日本大使館とHRTの共催、クロアチア大統領府の協力の下、日本・クロアチア外交関係樹立25周年記念ソロコンサートに出演、その模様は、HRTにて65分間生放送された。

2019年 9月ポレチュ(クロアチア)にてクロアチア・オリンピック委員会主催コンサート10月東京三重県人会大会オープニングにて演奏。

2020年 1月新潟県十日町市にて録音セッション。7月CD『西井葉子 プレイズ セルゲイ・ラフマニノフ』をリリース(『レコード芸術』2020年10月号準特選盤)。10月三重県立鳥羽高校にて、駐日クロアチア大使によるEUについての講演に備えての事前学習として、クロアチアの地理・歴史・文化・言語などについての授業を行う。11月三重県伊勢市立進修小学校と伊勢市立五十鈴中学校にて、『ピアノ出前公演と国際理解講話』開催(伊勢市教育委員会主催)。


S.ラフマニノフ:プレリュード ト短調 Op.23-5